2018年 7月 18日 (水)

<今週のワイドショー>「特定秘密保護法」強行成立!朝ワイドも批判派と追認派

印刷

   「特定秘密保護法」は5日木曜(2013年12月)に参院国家安全保障特別委員会で採決が強行され、翌6日の臨時国会最終日に参院本会議で自民党、公明党の賛成で可決した。秘密保護法については、言論関係、人権関係、新聞・テレビ関係、映画人や作家、日弁連、報道・ジャーナリストなど広範な団体やグループが反対を表明し、自民党と近い野党からも「慎重審議」の要請があったが、与党はこれらを蹴散らして可決に突っ走った。日本民間放送連盟も「反対声明」をだした。

   朝のワイドショーの対応ははっきり分かれた。積極的に取り上げ、批判したのはテレビ朝日系「モーニングバード!」とTBS系「朝ズバッ!」だった。<「特定秘密保護法案」採決強行!またアリバイつくり…さいたま市で前日に駆け込み公聴会>(「モーニングバード!」)、<なぜ急ぐ?「特定秘密保護法」この機を逃したらもう成立無理…焦って採決強行>(「朝ズバッ!」)と伝えていた。

   これに対して消極的だったのが日本テレビ系の「スッキリ!!」とフジテレビ系の「とくダネ!」で、とくに「スッキリ!!」は参院本会下で採決強行が事実上決まっていた6日金曜日に初めて取り上げた。<「特定秘密保護法」やっと取り上げた「スッキリ!!」喧嘩のあとの棒ちぎり>(「スッキリ!!」)というわけだ。同じ日に「とくダネ!」は<「特定秘密保護法」強行成立!アメリカのプレッシャーで急いだ安倍内閣>と伝えた。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中