W杯「初戦コートジボアール」に日本トラウマ!エース・ドログバ飛び蹴りの因縁

印刷

   来年(2014年)のサッカーワールドカップのグループリーグ組み合わせが決まったのを受けて、「朝ズバッ!」は日本のGL突破に向けた楽観ムードが盛り上がった。そんななかで要注意だとして目を付けたのは、初戦で対戦することになったコートジボワール。とりわけ、英国のサッカークラブ・チェルシーなどで活躍したベテランストライカーのディディエ・ドログバである。

南アフリカ大会直前の親善試合で腕骨折

   ドログバの名は日本でも知られているが、在日36年コートジボワール人で元芸人のベルナール・アッカが言うには、母国では「コートジボワールの歴史を変えた。神のような存在」として知られているという。

   そんなドログバと日本は意外な因縁があった。アッカは2010年6月、ワールドカップ南ア大会直前に行われたコートジボワール対日本の親善試合での出来事が忘れられないという。

「ナニを考えたか、(闘莉王が)飛び蹴り。ドログバ骨折! ありえないですよ」

   試合中、日本代表の闘莉王とドログバが接触して、エースのドログバが腕を骨折するけがを負ったのである。その影響があったのかないのか、南ア大会でポルトガル、ブラジルという強豪と同じ組に入ったコートジボワールはグループリーグで敗退した。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中