交通事故ツイッター中継の野次馬主婦「あら?被害者は私の夫だわ」真っ青!

印刷

   アメリカ・ワシントン州で、交通事故の様子をツイッターで実況中継していた主婦が、途中で被害者が自分の夫だと気付くという出来事があった。田中大貴リポーターは「カラン・ジョンソンさん(47歳)は、警察無線を傍受しては事件や事故の現場をツイッターに投稿していたのですが、今月4日(2013年12月)にも発生したばかりの交通事故の状況を伝え始めていました」と説明する。

運転免許証番号911したら「ご主人は死亡しました」

   メインキャスターの小倉智昭は「ツイッター中継を始めた時は犠牲者が自分の夫だというのはわからなかったの」と聞く。

まさか…だよね

   田中「ご主人が通勤でよく使う高速道路での事故などで不安になり、会社に連絡を取ったようです。すると、すでに会社を出ています。退社した時ふらふらしていましたという返事でした」

   夫はてんかん持ちだったため心配になったカランさんは911(緊急通報用電話番号)し、夫の運転免許証番号を伝えたら、折り返しかかってきた電話で死亡が伝えられた。

   小倉「まさか実況中継中の交通事故で死亡したのが夫だとは考えないからね」

   田中「カランさんのツイッターを熱心に見ていた人の間では、基金作りの募金も始まっています」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中