樹木希林「副腎に大きながん見つかった。闘うっていうのもなんだかねえ」

印刷

   女優の樹木希林(70)がきのう8日(2013年12月)、検査で副腎に大きながんが見つかったと明らかにした。すでに全身がんであることを明かしていて、「薬も飲まず、何もしない」と話しているが、来週にも副腎がんの治療を受けるという。

入院せずピンポイント照射で放射線治療

   「検査には1年半くらいいってなかったので、向こうからそろそろおいで下さいというんで、行ったんです」と笑う。九州の医療施設で放射線治療をするが、入院はせず「1日10分くらいね」。ピンポイント照射で今度が3度目という。わざわざ九州というのは、「その技術がそこにしかないので。東京にはない」

叔父は違った

   見たところ、病気とは感じさせない。「もう、がんになってからどれくらい経つのかな。平成17年1月に手術したから、8、9年かな」と平然としたものだ。

   これが乳がんだった。右乳房の全摘で、「もう心配ない?」との問いに、「そんなことない。心配はつねにあります」といっていた。現にその後も転移がみつかり、放射線治療を行っていた。

「病気は自分がやって来たことの結果。出くわしたのはありがたい」

   取材する記者に「あなたのお腹出てるの、そろそろ生活習慣変えといた方が…、出ますよいろいろ。みんなそれぞれ、自分のやってきた結果だからね、病気は。やってきた、飲んできた、食べてきた結果。そう思えば先の計算もつくし」

「薬も飲まない、何にもしない。闘うってものでもなさそう。専門家じゃないからわからないが、一生懸命調べて、そこに出くわしたってことです。ありがたいことです」

   司会の羽鳥慎一「気丈に、というか自然体だね」

   石原良純(タレント)「冷静に受け止めて、受け入れて」

   羽鳥「外見はご病気なのかなというくらいで、入院もしていない」

   石原「うちの叔父(石原裕次郎)はがんと戦いましたが、告知しなかった。いま変わりましたね。告知が当たり前で、患者の心構えも違った。がんとつき合っている」

   青木理(ジャーナリスト)「ご本人は大変なんでしょうけど、取材スタッフに目を向けたりして、すごく魅力的というか、女優さんだなという感じがしますね」

   死ぬことを別に恐れていないからだろう。すごい人だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中