2018年 7月 20日 (金)

猪瀬都知事エリまで脂汗びっしょり!都議会追及に「覚えていない」「記憶にない」

印刷

   猪瀬直樹東京都知事が医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受けていた問題が、東京都議会総務委員会できのう9日(2013年12月)に約3時間にわたって追及された。知事は詳細な経緯について「覚えていない」「記憶にない」を連発し具体的なことはあいかわらずはっきりしない。

初対面で5000万円「親切な人だと思いました」

   知事は委員会の冒頭で「私なりの責任の取り方として、今後1年間、給与を全額返上する」と神妙な姿勢を見せたが、委員の追及は止まらず、都知事選前の昨年11月に徳洲会の徳田虎雄前理事長を鎌倉に訪ねた経緯を衝いた。訪ねた理由を「選挙資金の要請ではないか」と質問されたが、猪瀬は「仲介者にいわれたから」といい、その際のやりとりについても「記憶にありません」「意外と おぼえてなんですよね」といった調子で逃げ回った。

誰かをかばっている

   初対面にもかかわらず徳田側が5000万円も貸してくれたことの不自然さについては、「親切な人だと思いましたよ」と笑ったりもしたが、激しいヤジを浴びると、「実際に使いませんでしたから、返済するといいました」と語気を強めた。

   テレビカメラは知事の汗がスーツの襟にまでしたたるのを捉えていた。これは新聞では書けまい。記者の肉眼では見えないだろう。

大学教授ら公選法違反で知事告発

   小松靖アナ「カネの性格について、非常にあいまいだったですね」

   司会の羽鳥慎一「きびしすぎますね」

   質問が厳しいということではなく、猪瀬の立場が厳しいという意味なのだけれど、羽鳥はときどき逆の意味に取られるような言葉の使い方をする。

   舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)「オリンピックであれだけのパフォーマンスをした人がねえ。きちんと説明をした方がいいですよ。こうして放送してるだけで集団いじめみたいになっちゃう」

   宮田佳代子(フリーキャスター)「副知事だった人が、(病院への)補助金のことを知らなかったと言ったり、(「9億円ですよ」と羽鳥)、どうしちゃったんだろうと思う」

   舞の海秀平(スポーツキャスター)「言ってることの矛盾を本人もわかってると思うんです。ということは、何かを守らないといけない、誰かをかばわないといけないんじゃないですか」

   舘野「猪瀬さんは、東電への発言などを考えても、もったいないなぁと思う」

   小松「納得のいく説明ではなかった」

   この問題では大学教授ら31人が、猪瀬に対する公選法違反での告発状を東京地検に提出している。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中