東国原議員辞職「マンゴー作りたい」狙っていた宮崎県知事!降ってわいた都知事騒動

印刷

   猪瀬東京都知事の5000万円借入問題が収束する気配一向になく、年明けにも都知事選があるのではとの観測も浮上するなか、「気になる動きがありました」と小林悠アナが伝える。

   日刊スポーツ記事をもとに「朝ズバッ!」が伝えるところでは、かつて宮崎県知事として人気を博した東国原英夫衆院議員が議員辞職し、所属する日本維新の会も離党する意向を示したという。本人は今後について、周囲に宮崎に戻ってマンゴーをつくりたいなどと話しているほか、都知事へ出馬するとの見方も出ているという。

猪瀬5000万円問題発覚前から「もう辞めたい」

   スタジオでは宮崎県知事への返り咲きを狙っている(いた)との話も流れ、東国原の進路情報が錯綜した。コメンテーターの片山善博・元総務相は「猪瀬さんの問題が起きる前から辞めたいという話は伝わっていた。そのときは、真相は不明ながらも、もう1回、宮崎県知事選挙に出たいんじゃないかと言われていました」と話す。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中