2018年 8月 20日 (月)

東国原議員辞職「マンゴー作りたい」狙っていた宮崎県知事!降ってわいた都知事騒動

印刷

   猪瀬東京都知事の5000万円借入問題が収束する気配一向になく、年明けにも都知事選があるのではとの観測も浮上するなか、「気になる動きがありました」と小林悠アナが伝える。

   日刊スポーツ記事をもとに「朝ズバッ!」が伝えるところでは、かつて宮崎県知事として人気を博した東国原英夫衆院議員が議員辞職し、所属する日本維新の会も離党する意向を示したという。本人は今後について、周囲に宮崎に戻ってマンゴーをつくりたいなどと話しているほか、都知事へ出馬するとの見方も出ているという。

猪瀬5000万円問題発覚前から「もう辞めたい」

   スタジオでは宮崎県知事への返り咲きを狙っている(いた)との話も流れ、東国原の進路情報が錯綜した。コメンテーターの片山善博・元総務相は「猪瀬さんの問題が起きる前から辞めたいという話は伝わっていた。そのときは、真相は不明ながらも、もう1回、宮崎県知事選挙に出たいんじゃないかと言われていました」と話す。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中