公用車走行記録でまたうそバレた猪瀬知事!現ナマ5000万円持って秘書と打ち合わせ

印刷

   医療法人「徳洲会」グループから現金5000万円を受け取った問題で、連日、東京都議会の追及を受けている猪瀬直樹・都知事が、金を受け取った後の行動でもこれまでとは違う説明が出てきて、さらに窮地に立たされている。

「記憶違いだった」

   知事は昨年11月20日(2012年)、衆院議員会館で徳田毅議員から5000万円を受け取ったあと、「タクシーで自宅へ帰った」といっていたが、議員会館から港区内の事務所に立寄り、そこに公用車を迎えに来させて自宅に帰っていたことが走行記録で明らかになった。記録では「回送。午後7時20分都庁~港区。同40分に副知事、港区~宅」となっていた。港区は猪瀬氏の個人事務所のことだ。これについて猪瀬は「個人事務所で秘書と打ち合わせをした。その後、公用車で帰宅した。記憶違いだった」とのコメントを出した。

都政は停滞

   猪瀬は5000万円を持って事務所に行き、秘書と打ち合わせをしたわけだ。猪瀬は5000万円は「個人で借り入れたものですから、選挙責任者にも会計担当者にも伝えてない。妻とボクしか知らない」としている。選挙資金ではないかという追及にも、知事はのらりくらりと答えてきた。都議会は来週16日、17日、24日にも総務委員会を開いて、この問題を追及する。

徳洲会にうまく引っかけられたのか…

   司会の羽鳥慎一「疑問はいくつもあるが、公用車の記録が出てきましたね」

   高村智庸レポーター「秘書との打ち合わせが明らかになった。知事は記憶違いといっているが、5000万円を受け取って驚いたといっている日の記憶が違うなんてことがありますかね」

   飯田泰之(明治大准教授)「選挙資金として借りたか受け取ったのなら公選法違反になりますし、個人的に借りたとしても、無利子無担保で5000万円となれば事実上もらったようなもの。しっかり説明ができなければ続投は難しいでしょうね」

   高村「秘書と何を話したか。参考人で呼ぶ可能性もあります」

   吉永みち子(作家)「知事に求心力がなくなると、五輪を控えて都政が上手く動かないかもしれないですよ」

   飯田「知事を弁護しておくと、知事選ではほとんどの党が相乗りで、当選間違いなかった。そこでの5000万円が何であったか。おそらく徳洲会が『貸したぞ』という取引材料だったのではないか。ある意味、定番の手にひっかかった。政治家としての未熟さが露呈したと見ることもできます」

   これまで偉そうにしていたツケといった方がいいかもよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中