2019年 5月 20日 (月)

みのもんた落ち目の三度笠…親密アシスタントに浮気されちゃった!まったく気づかず「ウソでしょ~」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

東京芸大出の美人先生「無修正AV」出演で逮捕!「お詫びヘア・ヌード」でグラビアデビュー?

   『週刊現代』の「小学校の音楽の先生が出ていた『無修正AV』ちょっと凄いぞ」は、なぜ彼女がAVに出てしまったのかが取材できていないので、単なる覗き趣味で終わってしまっているが、気になる記事ではある。わいせつ電磁的記録・記録媒体頒布ほう助の疑いで11月30日(2013年)に逮捕されたA子(27歳)だが、週刊現代によれば「罪名がわかりにくいが、インターネット上で配信するための無修正AVと知りながら、女優としてAV制作を助けた、つまり出演したという容疑」だそうだ。

   この程度で実名を出すのは酷な気がする。この容疑者は名門の東京藝術大学の声楽家を卒業後、都内の小学校で音楽の先生をしていたというから、大きな話題を呼んだ。地区の60代男性がこう語る。

<「この地区の運動会の開会式で『君が代』を斉唱していました。唄うように頼んだ人は、東京藝大出身と聞いて、『この地区に芸術家がいる』と喜んでいました。綺麗で愛想もよくて、この町のスターです。AV? 何かの間違いじゃないかな」>

   インターネット上にあるAVの写真まで出されては、先生としてやっていくことはできまい。ハイエナ週刊誌に「藝大出身の元小学校の先生Eカップの『お詫びヘア・ヌード』」なんてグラビアが載るのは近いかもしれない。可哀想に。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中