『黒子のバスケ』脅迫男逮捕!「ごめんなさい、負けました」大阪に住む無職36歳

印刷

   人気マンガ「黒子のバスケ」をめぐる連続脅迫事件で、警視庁はきのう15日(2013年12月)、職業不詳の渡辺博史容疑者(36)を威力業務妨害で逮捕した。 渡邊は犯行を認め「ごめんなさい。負けました」と話しているという。マンガの作者・藤巻忠俊さんと面識はなく、成功へのやっかみらしい。

東京・恵比寿で職質!リュックの中に脅迫手紙20通

   きのう午後3時ごろ、東京渋谷区の恵比寿ガーデンプレイス近くの郵便ポストに何かを投函しようとしている渡辺に警視庁の捜査員が職務質問すると、事件への関与を認めたという。投函しようとしていたのはバスケやコミックマーケットなどのベント中止を求める脅迫文で、リュックサックにはさらに20通の脅迫文が入っていた。渡辺は大阪市東成区に住んでおり、脅迫状を投函するために上京したとみられる。

ストーカー的な悪意

   警視庁は、昨年(2012年)10月に上智大に致死量の硫化水素と脅迫状が置かれていた事件で、防犯カメラに写っていた男に似ていたので職質したとしているが、偶然ではなく、目星をつけて行動確認をしていたと見て良さそうだ。上智大は藤巻さんの出身校で、脅迫文で「俺は藤巻に全てを奪われた」などと怨恨をにおわせていた。

   その後、出版社、学校、テレビ局などに送られた脅迫状は、警視庁が確認しているだけでも400通にのぼる。「黒子のバスケ」関連のイベントのいくつかで関連グッズの販売取りやめたり参加中止を余儀なくされ、今年10月にはコンビニ「セブンイレブン」に関連商品のウエハースに毒を入れたという脅迫文が届き、千葉・浦安市の店から撤去された製品から微量のニコチンが検出されていた。

作者の藤巻忠俊さんと面識ないが強い恨み

   テレビ朝日に届いた犯行声明には、「怪人801面相やグリコ森永事件の約三十年ぶりのリバイバルや。毒入りの食材を置いたった」「俺は黒子を殺すことに決めた。動機は藤巻への怨恨や」とあった。1984~85年に起ったグリコ・森永事件は全国を震撼させた事件だったが、未解決のまま時効となった。これを偽装したともみられる。

   石原良純(タレント)「それらを投函するために上京したって、警察もメドがついていたんでしょう?」

   青木理(ジャーナリスト)「早い段階から目星をつけていたんでしょうね」

   司会の羽鳥慎一「脅迫によるイベントの中止、商品の撤去など大きな影響がでてますよね」

   前田典子(モデル)「ゲーム感覚で『ごめんなさい、負けました』で済む話ではありませんよ。損害賠償は億単位になるでしょうね」

   石原「成功をやっかむというのは、あまりにも漠然としてる。ストーカー的な一方的な悪意」

   羽鳥「これまでなかった犯罪ですね」

   こんなわけのわからんことで、被害だけはとんでもない数字になる。これが時代か。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中