まるでコント!猪瀬知事・都議会追及―札束模型持ち込み「鞄に入らん」「いや入る」

印刷
「このかばんに5000万円入りませんよ」
「入ります」
「どうやって入れたんですか」
「そのまま押し込んでください」

   きのう16日(2013年12月)、猪瀬直樹東京都知事が医療法人徳洲会グループから5000万円を受け取った問題を追及する都議会総務委員会で、こんなやりとりがあった。5000万円を入れて持ち帰ったというかばんを手に、5000万円を束にした紙の模型をもって迫る議員の前で、猪瀬は自ら無理矢理押し込んで見せた。だが、かばんは膨らんでチャックは締まらない。暮れも押し詰まっての集中審議は、茶番じみた展開になってきた。

いつもの茶番「妻が…」「秘書が…」

   この問題をめぐる猪瀬の発言や説明は毎日のように変わり、新しい事実も飛び出す。集中審議は先週に続いて、きのうも休憩を挟んで約10時間に及んだ。かばんだけではない。手帳も追及の対象になった。副知事時代のブログによると、猪瀬は「黒革の手帳」を愛用し、これに細かいスケジュールや1日の行動をびっしり書き込んでいた。「覚えていない」や「記憶にない」を繰り返す猪瀬に手帳で事実を確認してもらおうというわけで、資料として提出を要求された。

孤立している

   5000万円を保管したという貸金庫を解約、別の貸金庫に移し、しかも手つかずと言っていたのに2回開閉されていたことが判明すると、「出入れしたのは(亡くなった)妻なのでわからない」とかわし、運動員らの宿泊費や報酬について選挙運動費用収支報告書の偽造疑惑が指摘されると「秘書に聞いてください」を繰り返した。「妻が」「秘書が」は過去の政治とカネをめぐるスキャンダルで何度も聞いた言葉だ。

「黒革の手帳」の提出要求

   キャスターの小倉智昭「黒革の手帳、出さざるを得ないんでしょうか。辻褄の合わないことがかなり多いんですよね」

   コメンテーターの山本一郎(作家、投資家)「政治コントになってきましたね。税金使って大丈夫かなという感じですね。猪瀬さん、憔悴した感じですが、周辺には辞任の意思はないとはっきり言っているみたいなので、まだまだ(追及は)続くと思います。ただ、捜査の追及があるとなれば、その前に辞任するのではないかと予測されていますね」

   小倉「孤立している感じは否めないですよね」

   山本「五輪招致成功がピークでしたね。発言を二転三転させて、政治に対する信頼性を失わせた責任は大きいと思いますよ」

   見苦しいドタバタ劇は誰も期待していなかったはずだ。数々のノンフィクションの名作を残してきた作家として、この幕引きをどう描いているのだろうか。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中