AKB内田が小説家デビュー「胸を張って言えるのは『すべて自分で書きました!』ということ」

印刷

   AKB48の内田眞由美(19)が小説家デビューすると12月17日(2013年)にブログで伝えた。20歳を記念した恋愛短編集で、タイトルは『言えない恋心』(KADOKAWA)という。今夏から執筆をはじめ、「毎日パソコンに向かっては書いて書き直しを繰り返しておりました」と話している。

   発売が決まり「やったーーー!!! 頑張ってよかったー! 本が好きでよかったー!!」と喜んでいる。「胸を張って言えるのは…『全て自分で書きました!』ということ」とゴーストライターの不在をアピールし、「AKBファンの皆様 そうでない皆様も…よろしくお願いいたします!!!!」と売り込む。発売は来年1月31日の予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中