年末年始に多発!ペット誤飲事故―目離した隙にフライドチキンや串揚げ、リボン…

印刷

   ペットの猫や犬が食べ物でないものを飲み込んだり、食べると障害を起こす人間の食べ物を食べてしまったりする誤飲事故が、年末年始に急増する。2011年の「誤飲によるペット保険の請求件数」というデータ-によると、12月と1月が飛びぬけて多い。なぜなのか。山田大樹アナによると、「来客などが多い時期で、飼い主の目が届きにくくなって、その隙に食べてしまうんです」という。年末の掃除などで忙しく、目を離したときにというのもあるだろう。

   井ノ原快彦キャスター「ホント、食べるとは思わないものを食べちゃうんだよ」

ポインセチアの葉や茎に毒性

   東京・世田谷に住む宮崎真彩子さんは3歳のトイ・プードル「静」を飼っているが、ホームパーティーの最中に苦しみだした。「呼吸困難みたいになっていたんでしょうね、発作みたいな。手足が硬直してがたがた震えて、すっごく怖かったです」と話す。

   あわてて動物病院に連れて行くと症状は治まったが、翌朝に嘔吐した。出てきたのは大きな柿の種だった。デザートで出ていた柿をこっそり食べて、そのとき種も飲み込んでしまったのだ。こうした犬や猫にとって危険なものは家の中に結構多い。

   食べ掛けのフライドチキンを椅子の上に置いておいたりすると、犬は骨をかみ砕き刃物のようになってしまう。楊枝や串に刺した揚げ物などもそのまま飲み込んでしまう。プレゼントなどの解いたリボンで猫がじゃれているうちに飲み込むことも多い。この季節の室内植物のポインセチアは葉や茎に犬・猫にとっての毒性がある。

注意!「ねぎ・にんにく類」「チョコレート」「アボガド」

   山田「犬や猫を飼っている人はもうご存知でしょうが、食べさせていけないものとしては『たまねぎ・長ねぎ・にんにく類』。これは赤血球を破壊します。ハンバーグなどの入っていて加熱したものでも危険は同じです。次に『チョコレート』で、興奮して心臓に大きな負担をかけます。『鳥や魚の骨』は刺さるということですが、『アボガド』も胃腸炎を引き起こします」

   獣医師が誤飲したときの注意点をアドバイスした。「何を食べているかわからないときに、揺り動かしたり叩いたりというのはかえって危ないです。逆さまにして叩いて戻すと、それが気管に入って誤嚥性肺炎を起こし命の危険があります」

   とにかくすぐ病院へということだ。最近は動物向けの緊急病院がある地域も多い。電話番号と場所ぐらいはチェックしておいた方がいいだろう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中