マー君メジャー移籍に楽天NOで残留!「スポーツ報知」独走スクープ!?

印刷

   「おでかけ前の朝刊チェック」コーナーでは、主要スポーツ紙のうち「デイリースポーツ」をのぞく5紙が、プロ野球の東北楽天の「マー君」こと田中将大投手を取り上げたことが話題になった。

   田中がきのう17日(2013年12月)にMLB移籍希望を会見で表明したのを受けて、各紙には「楽天容認」「今週にも交渉開始」「ドジャース有力」などメジャー入りに向けた見出しが踊った。そんななかで、1紙だけが逆張り。番組司会の井上貴博アナも「スポーツ報知だけが『マー君残留へ』」と、少々意外そうな声である。

新ポスティングシステム「移籍保証金20億円上限」に不満

報知だけが…

   新しいポスティング(入札)制度では、メジャーから日本球団のフトコロに入る一種の移籍補償金に20億円という上限が設けられた。これまでは移籍金額は青天井で、マー君の場合は50億円、60億円、いやそれ以上と見込まれていただけに、楽天球団にとってはマー君を移籍させる旨味が減ってしまった。スポーツ報知によれば、楽天はこうしたことを嫌って、「(今年のマー君の)ポスティングNO」の方針を固めたらしいそうである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中