2018年 7月 19日 (木)

マー君メジャー行かせてやろうよ!ねえ、三木谷さん…ファンも「向こうでの活躍見たい」

印刷

   楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手(25)がきのう17日(2013年12月)、米メジャーへの移籍の意向を表明した。日米間で合意した新たな「ポスティングシステム(入札)」では、アメリカ側の負担が軽く日本側の実入りが少なくなる。楽天はこれに難色を示し、田中投手の申し出を保留した。

移籍金20億円!松坂の3分の1じゃあ不満だけど…

   新システムでは、選手を放出する球団が求める譲渡金に2000万ドル(約20億円)の上限が設けられた。米側はこれで複数の球団が名乗りをあげるとみられ、選手は交渉の幅が広がるが、球団には2000万ドルしか入らない。従来は入札で最高額を提示した球団が交渉権をもった。このため、2006年にレッドソックスに移籍した松坂大輔投手では60億円が西武へ、11年のダルビッシュ投手はそれ以上(円高で日本円では低い金額)が日ハムに入った。

難しいですね

   今回、田中は松坂の3分の1で、楽天が合意に反対していたのはこの金額のためだ。つまりは、三木谷浩史オーナーの意向ということになる。24勝負けなし、初のリーグ優勝と日本一の立役者。VIPまで獲った投手を3分の1の値段では出したくないというのもわからないでもない。

   楽天ファンも複雑だ。「メジャーでの活躍も見たいし、反面、田中がいないと優勝できないし」「いなくなると寂しいね」。半分は「アメリカへ行かせたやれ」といっているわけだ。星野監督も「行け」といっている。ここで球団がノーといったら、日本中が敵に回るだろう。

   田中はこれまで移籍について発言を控えてきたが、合意ができたことを受けて、球団の立花陽三社長に「メジャー挑戦の希望」を伝えた。 会見で「来シーズンは新たなステージで挑戦したい」と話した。「ダメでも楽天でがんばる」とは、できた答えだった。

ヤンキースなど7球団が獲得に名乗り

   ニューヨークの岡田豊支局長が現地での報道ぶりを伝えた。現在、7球団が名乗りをあげており、「過去最高の数」になるかもしれない。ただ、楽天が回答を保留したことで、「田中はまだ自由ではない」と伝えた新聞もあった。岡田は「有力なのはお金のある球団で、移籍金20億円以外の契約金と年俸を考えると、ヤンキースなど」という。決まるのは来年になるが、各球団も田中が決まらないと他の選手も決まらないという状態だという。

   司会の羽鳥慎一「難しいですね」

   カープファンの宇治原史規(タレント)「何かの間違いでカープに来てくれへんか」(爆笑)

   萩谷順(法政大学法学部教授)は「アメリカの新聞も勝手だよね、そっちで金額を下げておいて、後は田中次第だって。自分らが値段を下げたからこうなってるんだろうに」と笑う。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中