2018年 6月 23日 (土)

櫻井翔「嵐は70歳になってもやるぞ」5大ドームツアー最多の80万4000人動員

印刷

   12月22日(2013年)まで行われる5大ドームツアーで、嵐はこれまで最多の80万4000人を動員する。東京ドームの最終日公演(12月15日)には6万人が詰めかけ、ファンがメンバーをぐるりと取り囲む360度のセンターステージでライブを満喫した。この日に歌われたのは、新アルバム「LOVE」などを中心にした全35曲だった。

オリコン年間ランキングで最多6冠!ラーメンと餃子で祝杯

   オープニングで高さ20メートルの巨大エレベーターから純白の衣装に身を包んだ5人が登場し、大野智リーダーが「東京のラスト。LOVE祭りでぃ!」と宣言した。松本潤は「5人で6万人を愛します」と語り、櫻井翔が「最後の最後まで愛し合おうぜ」と叫ぶ。盛り上がったのはトークコーナーで、感激屋ですぐ目頭が熱くなる相葉雅紀、観客を煙に巻く二宮和也とそれぞれの個性がはっきりしていて面白い。

   櫻井はこんな感じで締めくくった。「5人が東京ドーム来たからって特別になるんじゃなくて、皆さんが集まってくれて、たくさんのご声援をいただけることで、他にない愛のつまった特別な場所になるんだと思ってます。この景色を見せていただきありがとうございました。14年たちちましたが、これからも、15年とは言わず、20年、30年、40年といくと、もう70歳か。おー、悪くないと思う」

   コンサート前にオリコン年間ランキングで最多6冠(アルバムセールス、ミュージックDVDセールスなど)を達成したのを表彰され、受賞セレモニーのあと、大野のおごりでラーメンと餃子で祝杯をあげたという。ステージ演出を担当する松潤は、来年迎える節目の15周年にニュー嵐を見せるべく企画を検討中だという。

知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中