年末年始ラクチン帰省!ゆったりシートで料金割安…人気の豪華高速バス試乗

印刷

   年末年始の帰郷で人気の高速バスが豪華になっている。中村慶子アナが楽しそうに伝える。「実は私、大学時代に高速バスをよく利用していたヘビーユーザーなんです。でも、安いけれど狭い、疲れる、隣の席やシートを倒して後ろの席とぶつかるのがいままでの高速バスでした。ところが、このイメージを払拭する豪華さと乗り心地のバスが増えているんです。試乗してきました」

斜め配置の座席で背もたれ倒してゴロ寝気分

   東京・大阪間の高速バスは、通路をはさんで左右にそれぞれ1席だけだ。座席は斜めに配置されていて、後ろの席との間には間仕切りが設けられている。座席の前にはモニターがあって、テレビ番組だけでなく、ゲームや映画も楽しむことができる。

   斜めに配置することで、背もたれを倒しても後ろの席に当ってしまうことがなくなった。この斜めシート、ボタンを押すとプラス10度全体が傾く。下半身が高くなるので、ベットに横たわるような感じになるのだ。「バスの中で足を伸ばせるってどんなに楽か、シートに包まれている感じで、ゆっくり眠れそうです」(中村アナ)

東京・大阪8000円!新幹線より超お得

   東京から徳島を結ぶ高速バスは座席はたった12席だ。乗り込むと乗務員から「ステップの3段目で靴を脱いで」と注意される。土足厳禁なのである。靴は下駄箱に収納する。車内は中央の通路を挟んで左右1席ずつ。中央通路も前と後ろの席の間も、茶色の間仕切りで仕切られているので、まるで個室状態だ。シートは通常より30センチも広く、寝返りも楽にできる。バスの後部に作られた化粧室は広さ3畳程で、着替えや化粧スペースだという。

   仲村アナ「料金は東京・大阪間の斜めのシートで8000円です。新幹線なら1万3000円以上かかりますが、ゆっくり寝られてしかも宿泊費込みと考えればお徳ではないかと思います。豪華高速バスはいずれも予約が殺到しています」

   年末年始に帰省を計画している人は急いだほうがよさそうだ。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中