2018年 6月 25日 (月)

猪瀬辞職「政務のアマチュアだから金に疎かった」いや、アマなら金受け取らん

印刷

   猪瀬直樹知事がきのう19日(2013年12月)、会見で辞意を表明。会見では、辞職の引き金となった徳州会グループからの5000万円受領問題についてはなんらの新味もない一方、「アマチュア」という言葉の多用が目立った。曰く、政策については通と自負していたが、政務についてアマチュアで、すなわち政治家としてアマチュアだったため、アブない金を受け取ってしまったといった趣旨である。

普通の常識持ち合わせず

   この「アマチュア」発言が、今朝のスタジオで批判の的となった。与良正男(毎日新聞論説委員)は「アマチュアという言葉には違和感を感じた。アマチュアの意味が、いままでの政治家とは違うというわれわれが思い描くアマチュアであれば、そういうアブないお金を受け取ったり借りたりしませんよ」といい、吉川美代子(TBS解説委員)は「知事選に出る直前の人がああいう形で5000万円を借りること自体、アマもプロも関係なく、普通の社会人としてダメだと思いました」と話す。

違和感
文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中