傑作世論調査!ヤクザ100人に聞きました…「安倍政権支持しますか」「1月の飲食費は?」…

印刷

佐野真一「ライバル猪瀬直樹」に晩節を汚すな!でも、彼に隠れて甘い汁を吸った巨悪がいる

   『週刊ポスト』にノンフィクション作家・佐野眞一氏の「特別寄稿 猪瀬直樹くんへの手紙」が載っている。佐野氏は約1年前、『週刊朝日』に書いた橋下徹大阪市長批判で轟々たる非難を浴び、連載を1回で中止した。また、週刊ポストに連載した創価学会論「化城の人」に他人からの盗用疑惑があると指摘され、訴えられて現在訴訟中である。

   佐野氏が批判されていたとき、猪瀬氏も批判の列に加わっていた。佐野氏と猪瀬氏は20代の頃から仕事を一緒にしてきた古い仲間である。世の批判を受けていた頃、佐野氏は「私はいわば生ける屍も同然だった」と書いている。だが、氏はその時の復讐を猪瀬氏にしたいためにこの一文を書いたのではないと断っている。そしてこう記している。

<「いくら身から出たサビとはいえ、ここまでマスコミの晒し者になってしまった猪瀬が気の毒だなあ」という正直な思いだった。
   そういう気持ちになれたのは、私が大きな失意を体験し、立ち上がったばかりだったからかもしれない。
   猪瀬の徳洲会問題と私が休筆を余儀なくされた問題は、もちろんまったく次元の異なる問題である。
   だが、私から言わせれば、一年を経ずして起きた二つの出来事に、猪瀬と私の間の巡り合わせを感じざるをえなかった。
   先輩たちが孜々(しし)営々として築き上げたノンフィクションの信用を裏切ったという点では、猪瀬問題も私の問題も変わらないではないか。ノンフィクションに関わる後輩たちにそう思われるのが、私には一年前の古傷に塩をもみこまれるようで、一番つらい>

   猪瀬氏の都知事辞任はやむを得ないものの、この事件の本質は別のところにあると、こう続ける。<徳洲会事件の背後には、猪瀬の後ろに隠れて甘い汁を吸った『巨悪』がいることは、ほぼ間違いない。それを放っておいて、猪瀬という批判しやすい『小物』ばかりを攻撃するマスコミは、どう考えても健全とはいえない。それは一時代前の『トップ屋』と同じやっつけ仕事の匂いがする。私がこの事件は同世代として悲しいと言ったのは、そういう意味である。(中略)

   心ある都民は猪瀬の弁明にもならない弁明にみな呆れ返っている。釈明をすればするほど、猪瀬はもう晩節を汚すだけである>

   1年ばかりの間にノンフィクション界の大物2人にあってはならないスキャンダルが持ち上がった。ただでさえ取材費が嵩み、売れないノンフィクションに出版社は手を出そうとしなくなっている。そうした中でノンフィクションの信用までも失墜させた2人の責任は重大である。彼らは次なる作品で自らの汚名を晴らすとともに、ノンフィクションの真価を見せなくてはならない。

北朝鮮・張成沢「処刑」の罪状―軍秘密預金50億ドルねこばば、長老から鉱山利権取り上げ

   北朝鮮のナンバー2だった張成沢の突然の失脚は世界に大きな衝撃を与えたが、真相はまだ伝わってこない。『週刊文春』『週刊新潮』がともに扱ってはいるが、内容的には新味はない。たとえば、週刊新潮の「生き地獄を見た北朝鮮No.2『張成沢』最後の10日間」では、処刑の様子をこう書いている。

<朝鮮日報などによると、機関銃によって90発以上の弾丸が打ち込まれ、原型を留めずに肉塊と化した遺体は火炎放射器で焼却された可能性もあるという>

   なぜこうまで無残に銃殺されなければならなかったのかを、早稲田大学国際教養学部の重村智計教授がこう指摘している。<「金正日時代から、軍はいざというときのために50億ドルもの秘密資金をスイスの口座にプールしていた。

   張成沢は、その管理をしていた李秀男スイス大使を直属の部下である党行政部副部長に抜擢し、軍の資金を自らのものにしてしまったと言われている。さらには、金日成とともに戦ったパルチザン世代の軍長老らが握っていた鉱山開発の利権も奪い取ったのです」>

   さらに、手に入れた資金を元手にクーデターを起こそうと画策していたのは間違いないというのだが、まだまだ藪の中は深い闇である。

「安倍さまのためのNHK」ごり押し新会長の妄言~テレビ報道みなおかしい。反対ばかり…

   安倍首相がごり押しし、意のままに動く人間に交代させようと画策していたNHKの新会長が決まった。やはり下馬評通り、日本ユニシス前社長の籾井勝人氏(70)である。週刊文春はその籾井氏に決定直前にインタビューしている。そこで氏はこう語った。

<「それはNHKに限らず、テレビの報道は皆おかしいですよ。例えば、『反対!』っていう人たちばかり映して、『住民が反対している』と。じゃ何人がデモに来ていたかというのを言わない。僕は言うべきだと思っている。賛成と反対があるならイーブンにやりなさい。
   安倍さんが言っているのはそういうことですよ。何も、左がかってるから右にしろと言ってるわけではないと僕は理解しています。
   中国が安倍さんのことを右傾化していると言っていたけど、何を言っているのかと。それで言うと中国なんかはもっと右じゃないか。それのことを日本のメディアはもっと考えてもらわないと困る」>

   やれやれである。時の政権にとっての都合のいい「中立公正報道」がNHKに蔓延していくのだろう。先の特定秘密保護法のときも、NHKはこの法案がどれほど危険なものかを論評せず、「客観報道」に終始した。これからはもっと「安倍さまのためのNHK」になること間違いない。

「フライデー」元気出せ!張り込みネタはしょぼいしトップ記事も魅力なし

   毎週、週刊誌を読んでいるが、このところ週刊文春、週刊新潮のパワーが落ち気味で、週刊現代、週刊ポストの元気がいい。今週もバラエティに富み、読み応えのある記事はこの2誌に多くある。心配なのはフライデーの元気のなさである。

   今週も新聞広告を隅から隅まで読んでみたが、買う気が起こらない。たとえば、右トップが「安倍さんなんでそんなにエライんですか」「朴槿恵大統領の致命的な頭の悪さ続々発覚」の2本。「ちょっと長いですが決して退屈させません」と上に振ってあるが、編集部もちょっとまずいと思っているのであろう。

   張り込みネタと思われるのは「SHELLYの部屋に泊まる意外な男」ぐらい。写真週刊誌の原点を忘れているとしか思えない誌面づくりである。私と一緒にやっていた高齢人間が編集長に就いたばかりだが、もう一度原点に立ち返り、何をしたらいいのかを考えてほしいものである。

アベノミクス回ってきてないらしいヤクザの暮らし向き…年収減ったが96%

   週刊ポストの「なぜ4月に70歳を迎える人から医療費負担が2倍なのか? なぜ『男女平等』の世で年金支給は男65歳、女60歳なのか? なぜ災害見舞金は公務員が民間の3倍なのか?」と問う「公的差別の正体」が秀逸である。

   だが、今回は週刊ポストの傑作な記事を2本紹介しよう。1本は「現役100人に聞いたヤクザ世論調査」だ。対象は山口組、住吉会、稲川会といった広域団体をはじめ、全国の指定暴力団に限定してあるという。役職の内訳は一次団体のトップである代紋頭1名、一次団体幹部6名、二次団体幹部67名、一般組員が26名。

   まず、「景気は回復していると思いますか」という問いに「いいえ」が94パーセント。暴力団側のいい分はこうだ。<「今のヤクザの景気は飛行機の尾翼だ。上がるのは最後で落ちるときは最初」(56歳・東京)>

   「安倍政権を支持しますか」では、「いいえ」が81パーセントにもなる。その理由を聞いてみると、<「目が死んでる。線が細すぎる。死ぬ気でやってるとは思えない。本気で喧嘩ができるようにも見えない」(66歳・中国)>

   意外にも、「自宅は持ち家ですか、賃貸ですか」には持ち家が73パーセントもいる。「月々の飲食費はいくらですか」には、0~5万円が41パーセント、5万~10万円が25パーセント、それ以上使うヤクザが34パーセントもいる。「去年と比較して年収は上がりましたか」には「いいえ」が96パーセントと、ほぼ全員が暴力団排除法などの影響を受けて収入は下がっているようである。

   「結婚していますか」という問いには「はい」が56パーセントもいる。「生まれ変わってもヤクザなりますか」というのには、何と「はい」が60パーセントもいるのだ。しかも若いヤクザに多いというのである。

<「俺はヤクザという生き方が好きなんで、何度でもヤクザをやる」(25歳・中部)>

   「はい」と答えた暴力団員の9割は20代の若手組員だったそうだ。「NO」と即答したのはすべて年配の経験豊富な上層部だったという。こんなおもしろい世論調査は週刊誌しかできない。

笑えるぞ!ビートたけしAVネーミング大賞「クリちゃんのお・も・て・な・し」「イクなら今でしょ」…

   毎年楽しみにしているビートたけしのAVネーミング大賞が週刊ポストで発表された。今年は「妄想」と上に付く。まずは今年の流行語からお題を頂戴して、<絶世の美女・滝川クリ●リスさんがあの手この手を使って男性委員を口説き落とす「クリちゃんのお・も・て・な・し」>、<「現代文のスペシャリストが言葉攻めで女をとろけさせる「イクなら今でしょ」>、<視聴率40%超えの「半勃ち直樹」の「パイ返し」」>

   NHK朝ドラからは「ナマちゃん」が登場。<作品のクライマックスでは挿入歌の「潮吹きのメモリー」が流れる>。自転車のサドルばかりを200個盗んで捕まったという変態事件から、エロのトレンドはどんどん細分化して行かなきゃダメなんだよといいながら「サドルを舐めたい」をノミネートしている。

   時事ネタからは「イノセクンの5000マンお借りします」。<人妻を一晩お借りして5000人斬りを達成する実録ドキュメント。後で不貞を追及されると、「奥さんを貸してくれるなんて親切な人だと思った」という名ゼリフを吐く>

   宮崎駿監督最後の長編作品「風立ちぬ」はシンプルに「カリ勃ちぬ」。アニメで大ヒットした「進撃の巨人」からは「進撃の巨チン」。放送中止になった問題番組からは「ソコ×勃て」。

   結局、たけし審査委員長の「第一回妄想AVネーミング大賞受賞作」は「サドルを舐めたい」に決定!こうした『毒』のあるものをやらせるとたけしはうまい。

明石家さんま羨ましい!お泊り相手・優希まことヌード…堂々たるヘアのそそる肢体

   『週刊現代』のカラーグラビア袋とじ「ヌードで赤裸々告白 優希まこと さんまさんのお家で……」も紹介しておこう。先日フライデーされた明石家さんまの自宅お泊まり相手、優希まことがヘアヌードになって、さんまとのことを告白している。彼女はレースクイーンとして活動をしていて、2010年にAVデビューし、瞬く間に人気ヌードルになったそうだ。

   といっても、『赤裸々』なのはヌードのほうで、さんまとのことはほんのちょっぴりなのが残念。<「さんまさんは本当に優しくて紳士的。肌がきれいで60歳近くとは思えない体のキレが印象的でした。いろんな意味で、まさに大人の魅力、でしたよ(笑)。詳しい内容? うーん……、あまり話すと怒られちゃいそうだからなぁ。でもラブラブな雰囲気が好きみたい。すごくかわいいんです」(優希)>

   堂々たるヘアに小ぶりなおっぱいがカワイイ。ベットではいい女だろうなと思わせる肢体。この体をさんまが愛でたというのは、少し羨ましい。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中