ジャスティン・ビーバー引退宣言!本気?ジョーク?関係者は否定

印刷

   歌手のジャスティン・ビーバー(19)は12月16日(2013年)に米カリフォルニアでラジオ番組に出演し、「次のアルバムを出したら引退するんだ」と突如言い出した。番組ホストも思わず「まさか」と叫んだという。

   来週にはニューアルバム「Journals」の発売と、映画「Justin Bieber's Believe」の全米公開を控えるジャスティンの引退宣言は、またたく間に世界に広がり、信じたくないファンから「嘘でしょ」「信じられない」などの声が上がっていた。

アンチ派「ああ、頼むから引退してカナダに戻って」「病的で才能が感じられない」

   しかし、翌日にはジャスティンに近しい人物が「たまたまそういう時期なんだよ。心配することじゃない。彼は引退しないよ。悪戯っ子なんだよ」とコメントしたという。単なるジョークだったとしたら何ともお騒がせ。本気だったとしたらスキャンダル疲れか。

   熱狂的なファンと同じくらい熱狂的な「ジャスティン嫌い」も多いネットでは、「ああ、頼むから引退してカナダに戻って」「ちょうどお祝いのシャンパンを開けようと思ってたのに」「病的で才能が感じられないジョークだ」など、一連の出来事に噛み付くコメントが急増中のようだ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中