2018年 7月 18日 (水)

エリザベス女王 宮殿内で盗難被害!?犯人は警備の警察官!で、盗まれたものは…

印刷

   英国メディアによる王室盗聴事件の裁判で、盗聴の珍「証拠」が提出されたとのことで、けさ24日(2013年12月)の「朝ズバッ!」でも「ホンマかいな」(三屋裕子・スポーツプロデューサー)とコメンテイターの笑いを誘った。

好物のナッツを盗み食いする不届きな奴め!

   スポーツ報知記事をもとにつたえるところでは、エリザベス女王の住むバッキンガム宮殿で、女王のナッツ盗難事件が起きていたことがわかったという。御歳87歳の女王はナッツが大好物で、バッキンガム宮殿のあちらこちらで食べらるようにナッツが置かれているという。寝室にナッツ、応接間にナッツ、玄関にナッツ、トイレにナッツといった具合なんであろうか。それはともかく、あろうことかそれらナッツが大量に盗まれていたらしいのである。

ホンマかいな

   賊の正体は宮殿に忍び込んだ怪盗○○ではなく、警備中の警官の盗み食いだそうだ。これにすっかり腹を立てた女王は、ナッツの容器に印をつけて(つけさせて?)盗難防止につとめているんだとか。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中