2019年 12月 15日 (日)

子煩悩な父親なぜ無理心中?9歳次男に灯油かけ自分も焼死!妻と離婚協議中

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

目撃した児童たちにトラウマ

   情が薄れたとはいえ、子どもまでこしらえた夫婦だ。警察に相談するとか、弁護士を立てるなどは最後の最後。そうなる前に、夫婦で子どもの養育についてもっと話し合いができなかったのか。悔やまれる。

   この惨劇を野球の練習をしていた仲間の子どもたちが目撃していたといい、トラウマとして一生記憶に残る可能性がある。そのケアについて、香山は「こういう時は、子どもたちに恐怖を語らせたほうがいいといわれていましたが、最近は子どもたちを安心させること、あまり考えさせないようにすることが優先されています」という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中