夏目三久 インタビュアー失格!好奇心ゼロでせっかく面白い話も盛り下げ…いつまで続くか冠番組
<夏目と右腕>(テレビ朝日系)

印刷

   先月11月9日(2013年)からスタートした夏目三久の冠番組である。夏目と各界のリーダーを支える「右腕」が対談し、成功に隠された裏話や普段の様子を語らせることで、「右腕」の素顔に迫り、また「右腕」の証言からリーダーの人物像を明らかにする。
   この日のゲストは「俺の株式会社」坂本孝社長の「右腕」安田道男と森野忠則だ。「俺の株式会社」というのは、昨今、巷に急増する「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」「俺の割烹」など、話題の立ち飲み形態飲食店を経営する会社で、社長の坂本孝はあのブックオフの創業者でもある。
   ミシュラン星付き級の料理人が最高級の食材を使って腕をふるい、高級店の3分の1の価格で提供するのがウリだ。メニューの中には原価率100%を超えるものもあり、それでも経営が成り立つのは、客の回転率を1日4回まで上げることで利益を確保しているからだ。
   世界を股にかけて活躍してきた証券会社出身の安田と、料理人でもあり飲食業界の革命児と呼ばれた森野の話は興味深く面白かったのに、聞き手の夏目が単調でやる気があるのかないのか、なにごとにも好奇心を持たない性格なのか、まったく盛り上がらない。インタビュアには不向きだ。「ナツメのオミミ」「ナツメ・道楽」「夏目☆記念日」と、わずか1年半で4回も番組が変わり定着せず。それでも夏目を使い続ける理由がわからない。果たして、今回は成功するのか。(放送2013年12月22日1時15分~)

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中