2019年 4月 21日 (日)

名古屋コーフン!女子フィギュア代表みんな地元…瞬間最高視聴率40%超

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ソチ五輪フィギュアスケート・女子シングル日本代表の鈴木明子、浅田真央、村上佳菜子は3人とも愛知出身だ。浅田と村上は名古屋市、鈴木は豊橋市である。この3人が競ったのだから、23日(2013年12月)の全日本フィギュアスケート選手権で愛知が盛り上がらないはずがない。フジテレビ系で夜8時過ぎから中継放送が始まり、関東地区の平均視聴率は30・0%だったが、名古屋地区は36・6%、瞬間最高視聴率も37・9%に対して41・9%と40%を上回った。瞬間最高が出たのは、最後の演技者だった浅田の得点が出て鈴木の優勝が決まった瞬間だった。

   代表に選ばれなかった安藤美姫、小塚崇彦も愛知出身で、名古屋市内では残念がる声が聞かれた。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中