東国原英夫「仕事ドタキャン続きで超暇。都知事選出るなんて一言も言ってないのに」

印刷

   元衆院議員の東国原英夫(56)が「超暇」であると12月25日(2013年)にツイッターでぼやいている。猪瀬氏辞職に伴う都知事選挙への出馬が取りざたされているが、そのようなことは「一言も言ってない」という。しかしマスコミの「自主規制」のためか、番組や講演会が次々と「ドタキャン」されていると語る。

   突然の余暇を「神様かくれた時間かな」ととらえ、本や勉強など「貴重な時間」を過ごしているという。クリスマスイブの夜は「街はカップル等を中心にイルミネーションの中、大変賑わっていました」というが、東国原は黙々と皇居の周りを走っていたため、「まぁ、自分らしいですかね。膝、痛っ!」と笑っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中