西之島新島どんどん大きくなってお正月には本島と結合!さて、名前どうする?

印刷

   小笠原諸島の西之島沖に出現した新しい島が西之島と繋がる可能性が濃厚になってきた。海上保安庁が25日(2013年12月)に公表した最新映像によると、発見当初は500メートルあった西之島との距離が10メートルに縮まっていた。いまだマグマの活動は衰えず、30秒に1回程度の間隔で50メートルほどの噴煙を上げている。

   この結果、直径200メートル程度だった島は東西450メートル、南北500メートルに拡大、東京ドーム13個分に相当する15万平方メートルの面積に広がったのだ。

いまや東京ドーム13個分

   そこで気になるのは名前だ。西之島の隣りに1973年に出現した「西之島新島」があったが、その後に結合したことで西之島として扱うことになった。その前例から、今回も西之島として扱うことになりそうだ。これにキャスターのテリー伊藤が抗議した。「新しい名前がいいよね」

名前付けようよ

   海上保安庁の職員が繋がったかどうかを確認するために、島に向っているというが、大きくなった島はどうなるのか。弁護士の本村健太郎がこんな夢を語る。「くっついたあと山になっていって、花粉が飛んできて緑ができる。そこへ鳥や変な動物が出てくる。そうなれば世界遺産になる可能性が出てくる」

   たしかに天敵がいないので、固有の生態系ができ可能性も夢ではない。世界遺産の夢がいつ実現するかはともかく、新年には西之島と結合する姿が見られそうだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中