小谷真生子「安倍政権のPR係」かい!?延々とヨイショしまくり肝心なこと聞かない1時間
<ワールドビジネスサテライト>(テレビ東京系)

印刷

   おやおや、テレビに生出演はしない主義の安倍晋三首相が生出演だ。横にはキャスターの小谷真生子と東大教授の伊藤元重。まず株価のグラフを示して「今日の株価は1万5870円ですよ」と持ち上げる。それから延々と1年を振り返って安倍政権のヨイショである。TPPの話や4月から8パーセントにアップする消費税の話、「TPPは来年妥結しますか」と小谷が質問。「舌癌の甘利大臣も初期なので治る」と安倍。「成長戦略は?」と小谷。安倍は「女性の力を引き出してゆく。隗より始めよ、です」だって。打ち合わせ通り!
   小1時間の安倍政権の広告まみれである。58分ぶんの金払え。広告料金だと高いよ。時の総理がテレビに生出演して自分の考えをあまねく広報するのはいいことだと思うが、この夜の内容は既にニュースなどで見聞きしている対策の説明がほとんど。大所高所から、時の為政者としての高邁な考え(日常の政治的やり取りでは語れないイデーなど)をじっくり話すのならこちらも聴きたいが、この夜の安倍の話の内容に傾聴すべきものはほとんどなかった。
   加えて、日頃、官僚が用意したカンペに頼っているので、いきなり滑らかに喋るのは難しい。よほど頭の回転が速く、且、論理性に富んでいなければならないから荷が重い。言葉を探して「えー、えー、えー」と「えー」ばかりが入って聞き苦しいことこの上なかった。小谷のアルトが如何に聴きやすいか安倍が引き立て役になった。(放送2013年12月20日23時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中