中西モナ、双子の1人を流産「もう一人の赤ちゃんを無事この世に送り出してあげる」

印刷

   タレントの中西モナ(37)が妊娠中の双子のうち1人を流産していたと12月27日(2013年)にブログで明かした。12日に、妊娠を発表したが、そのときも6月に流産していたと明かした。先日の検診で「一人の成長が止まってしまっている」とわかり、その後「お空に帰っていってしまいました」という。

   もう1人は「元気に大きくなってくれています」といい、医師と相談しながら「もう一人の赤ちゃんを、お腹で大切に育てて無事この世に送り出してあげる」と語る。2度にわたり「受精卵に染色体異常」が現れ、「37歳という高齢妊娠のひとつの現実なのかな」と痛感したと語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中