2019年 4月 25日 (木)

「もやしもん」連載終了 作者・石川雅之「完成まで楽しんで描きます!」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   漫画家・石川雅之の人気漫画「もやしもん」が1月22日(2014年)発売の月刊漫画誌「モーニングtwo」で最終回を迎えることが分かった。12月30日(2013年)、石川が自身のツイッターで発表した。

   石川は「お知らせ四コマ」として、「もやしもん」の連載終了を伝える4コマ漫画をツイッター上に公開した。同作キャラクターの「結城蛍」と「及川葉月」が登場し、「何だかちょっと言うタイミング失った感がすごくてアレなんだけど」「まァ打ち切りにならずやりきったんだから万々歳よねー」などと掛け合いながら、終了を発表している。

   「もやしもん」は農業大学を舞台に、肉眼で菌を見ることができる主人公・沢木を中心とする学生生活を描いた、菌・ウイルスがテーマの作品。石川は4コマツイート後、「もやしもんは目立たない乍(編注:なが)らも沢木のお話なのですが、自分の中では『沢木の1年生のお話』という考えして、次号のモーツーで沢木は2年になります。僕はそれ以降のお話を用意していませんのです」と終了の理由を説明している。最終回については、「沢木が主人公になる回です。たぶん納得していただける、かな していただけるといいなあと思いつつ」と語り、最後には「まあ正直未練が無いと言えば嘘になるので、あれです。原稿完成まで楽しんで描きます!」と意気込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中