箱根駅伝実況「柏原竜二亡き後…」に当人「死んだことになってるらしい」

印刷

   東洋大の総合Vで幕を閉じた箱根駅伝だが、その裏で同大OBの「山の神」こと柏原竜二をめぐり、ちょっとした話題があった。

   1月2日(2014年)の往路、テレビ中継は3区でトップに立った東洋大・設楽悠太の力走を伝えていたのだが、その中でうっかり、「柏原竜二亡き後……」と、卒業した柏原をまるで死者のように語ってしまった。この時点でもすでに視聴者の話題になっていたのだが、当の柏原がツイッターで、

「テレビ実況では死んだことになってるらしいアカウントはこちらです」

とこれをネタにしたところ、あっという間に7000回以上もリツイートされる騒ぎに。フォロワーも1万人近く増加し、これには本人も戸惑った様子だった。

   3日にはこうしたアクシデントはなかったようで、「今日は生きてるっぽい」。母校の総合優勝には、

「東洋の優勝も嬉しいは嬉しいのだけど、酒井監督が笑顔だった事が一番良い」

と喜びをつぶやいている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中