間もなく実現「運転しなくてもいいマイカー」「買い物もする家事ロボット」

印刷

   井ノ原快彦キャスターがニヤニヤしながら、有働由美子キャスターに言う。「きょうは肩出してないんですか」。何のことかと聞いていたら、昨年の大晦日の紅白歌合戦で総合司会をつとめた有働が、肩が大きく開いたセクシーなドレスを着ていた話題だった。

   そんな緩い話で始まった今年(2014年)最初の「あさイチ」は、「もうすぐ実現!?未来のすご~い暮し」といかにも新年という話題だ。ゲストも人型ロボット「安藤カオリ」さんだ。間もなく実現する未来技術とはどんなものなのか。

自動運転車は2020年までに実用化

   自動運転車が間もなく公道を走るという。ドライバーがハンドルを握らなくても進んで曲がって止まる。金沢大学・菅原直樹講師が開発している車だ。「運転席の赤いレバーを右に回すと自動運転になります」といわれ、塚原泰介アナが体験試乗した。シフトレバーが勝手に動き走行し始めた。「アッ、動いている動いている」

   あらかじめルートを設定しておけば、ハンドルの操作もアクセルやブレーキもまったくいらない。前に遅い車がいれば、自動でウインカーを右に出しアクセルを吹かして右車線に出て追い越す。追い越したあとは左にウインカーを出し、走行車線に戻り走り続ける。

   自動運転を可能にしているのはカメラや赤外線センサーだ。ボンネット前に前方車との安全距離を保つ測定センサー、車線を白線に沿って走るためのセンサー、車の後方には人の飛び出しを察知し急停車(現在時速40キロまで)できる機能を持つセンサーなどを装着している。

   サイエンスト作家の竹内薫さんは「飛行機の操縦と同じで、離陸着陸などの細かい部分は人間の手で行いますが、ドライブで一番疲れる渋滞の運転は自動化が徐々に導入されていくと思います」と話す。

   塚原アナ「車メーカーは2020年、東京五輪までには実用化を目指しています」

メガネ型スマホはすでに販売。商品を手に取るとすかさず料金計算

   今年、かなり普及しそうなのがウェアラブル端末だ。スマートフォンの進化版で、メガネに堅のものはすでに発売が始まっている。神戸市在住の山下町子さんに「メガネスマホ」を掛けて買い物と料理をしてもらった。スーパーで88円のレタスと105円の根菜を手に取って読み上げると、「わあ凄い。両方の合計193円が眼鏡に映りました。これだとレジで待つ間に小銭まで用意できます」と驚く。初挑戦の料理でも、眼鏡に映る画像の通りに調理をしていくと、見事に美味しく完成した。「眼鏡の視野は十分だし、レシピ本をくくらないので時間も短縮できました」

   このほかにも。「コーヒーを取ってきて」と指示すると、冷蔵庫を開けて缶コヒーを持って来たり、売店でサンドイッチを買ってきたりという家事ロボットも実用化一歩手前だ。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中