2018年 8月 22日 (水)

東国原英夫、都知事選出馬を重ねて否定「『週刊新潮』から電話。どういう記事になるのかわからない」

印刷

   元衆院議員の東国原英夫(56)が都知事選出馬について、1月5日(2014年)にツイッターで改めて否定した。秘書のもとに「週刊新潮」から電話があり、「年末年始の番組のキャンセルは、東国原事務所側からキャンセルして下さいと言ったのですか」と問われたという。

   秘書は「あり得ません。こちらからお断りすることは、一切ありません」と否定したというが、東国原は「そういうやり取りが、どういう記事になるのか分からない。本当に傍迷惑である」と語る。また「ていうか、こちらとしてはずっと一貫して『出る予定も、つもりも、計画も無い=出ない』と言っているのに」と重ねて否定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中