東国原英夫、都知事選出馬を重ねて否定「『週刊新潮』から電話。どういう記事になるのかわからない」

印刷

   元衆院議員の東国原英夫(56)が都知事選出馬について、1月5日(2014年)にツイッターで改めて否定した。秘書のもとに「週刊新潮」から電話があり、「年末年始の番組のキャンセルは、東国原事務所側からキャンセルして下さいと言ったのですか」と問われたという。

   秘書は「あり得ません。こちらからお断りすることは、一切ありません」と否定したというが、東国原は「そういうやり取りが、どういう記事になるのか分からない。本当に傍迷惑である」と語る。また「ていうか、こちらとしてはずっと一貫して『出る予定も、つもりも、計画も無い=出ない』と言っているのに」と重ねて否定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中