マツコお世話になってるからって…黒柳徹子に13万円のTシャツ、10万円の招き猫プレゼント!太っ腹は見かけだけじゃなかった
<マツコ&有吉の怒り新党 お正月スペシャル>(テレビ朝日系)

印刷

   この日の目玉はスタジオを飛び出してのお買い物だ。新宿・伊勢丹でマツコ・デラックス、有吉弘行、夏目三久の3人が、お世話になった人へのプレゼントを購入する企画だった。マツコは以前、別の番組で伊勢丹の良さを執拗にアピールしていたが、今回の買い物ロケもまたもや伊勢丹で、そのうち伊勢丹のCMにでも出演すんじゃないかと邪推する。
   そんなマツコがプレゼントしたい人は黒柳徹子だ。マツコの目に留まったのは、ニューヨークの新進気鋭のデザイナー、アレキサンダー・ワンのTシャツ13万円。「コレクション・ラインだからそれぐらいするわよ」と当たり前のように言っていたが、Tシャツが13万円って…。しかも、バカラの紅白「招き猫」2体9万6600円もお買い上げ。総額20万円以上のプレゼントである。
   有吉はマツコに乗せられて33万円のグッチのスーツを購入した。ここでもマツコは7万円の靴を有吉にプレゼントするという気前の良さで、太っ腹なのは見かけだけではないようだ。
   夏目は同じ事務所の先輩・タモリに本とウイスキーをプレゼントするという。本は「新編・日本の活断層・分布図と資料」というタモリが好きそうなものなのだけれど、これが3万6750円もする。1934年物のスコッチウィスキーは3万1500円だった。芸能人と庶民の金銭感覚のズレに驚いたヒトコマだった。(放送2014年1月3日20時54分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中