ジュース「野菜1日分」に野菜350グラム本当に入ってる?クリス松村が工場見学―丸ごと宣伝だけど面白くてずっと見ちゃった
<シルシルミシルサンデー 2時間半スペシャル>(テレビ朝日系)

印刷

   ゴールデン&プライムタイムで昨年(2013年)の年間視聴率1位となったテレビ朝日の正月バラエティはどんなものかと見たが、正月らしさはまるでなく、いつもの工場見学と食べ放題で少し拍子抜けしてしまった。とはいえ、見ればそれなりに面白く、結局、2時間半付き合ってしまった。
   見学に出掛けた工場は飲料メーカーの伊藤園。「野菜ジュース『野菜1日分』には本当に1日分の野菜が入っているのか?」ということで、クリス松村がその製造過程をつまびらかにしていくというものだった。
   使用している野菜はたしかに大人が1日に摂るべき野菜量350グラムだが、製造の過程で栄養素が若干失われてしまう。そのため、足りなくなった栄養素(ビタミンCなど)を後から足して1日分に近づけているという。また、ジュースに使用される野菜は、にんじんはポーランド産、トマトはスペイン産とその時期によって一番おいしいものを使っていて、パッケージのQRコードをスマホなどで読み取ると、野菜の原産地がすべて出てくるようになっているのだそうだ。
   「あした伊藤園の『1日分の野菜』を買って飲んでみようか」という気にさせる工夫はあいかわらずうまい。これをCM料に換算するととんでもない金額になるに違いない。企業にとってこんなおいしい番組はないだろう。調べてみたら、農薬混入の冷凍食品のマルハニチロも、かつて(2012年11月11日放送)、この番組で特集されていたようだ。いま再放送すれば高視聴率間違いなし。(放送 2014年1月5日18時30分~)

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中