「強姦・強盗犯」いまだ逃走中!警備ゆるい地検支部―手錠外し鍵もない部屋

印刷

   集団強姦、強盗で逮捕された容疑者が横浜地検川崎支部の庁舎から逃走し、神奈川県警は4000人態勢で行方を追っているが、8日(2014年1月)午後になってもまだ捕まっていない。なぜ容疑者がいとも簡単に逃走できたのか。

   逃走した杉本裕太容疑者(20)は2日未明、仲間の男(20)と共謀して車に女性(21)を連れ込んで暴行し、15万円を奪った疑いで6日に逮捕された。7日の検事の取り調べのあと、検察事務官と警察官が立ち会って庁舎内の取調室で弁護士と接見していた。検察事務官が所要で退室したあと、警察官が杉本の腰縄がゆるくなっていたため直そうとしたときに、杉本は腰縄をすり抜け逃走した。接見の際は、人権上、手錠を外し部屋の鍵も掛けないという。

無期懲役もある凶悪容疑者!隙あらば逃げようと必死

   杉本は逃走時に履いていたサンダルを捨て、白いトレーナーに紺色のスエット、黒色の靴下を履いていたが、トレーナーは支部から100メートル離れた民家の庭に脱ぎ捨ててあった。川崎支部に行ったことがある元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は警備の甘さをこう指摘した。

警察官いなかった
「接見は本来、立会人なしで行なうことができる。なので、普通は接見室はごく狭い部屋で、外から施錠ができるようになっています。ところが、川崎支部は接見室がないので取調室で行なった。取調室といっても、検事の執務室なので、外施錠はできないし室内は広い。
   強姦、強盗だったら無期懲役もありますから、本人にとってみれば、かなり長期の服役を予測でき、逃げたいという思いは強い。逆に、逃げる可能性が強い被疑者という点に着目すれば、部屋の外でもいいから、警察官を待機させておけばだいぶ違った感じがすします」

昔から甘かった検察庁―目の前で見た取り調べ中の逃亡

   司会の加藤浩次「ここは変えたほうがいい。これではダメですよ」

   宮崎哲弥(評論家)「若狭さんがいう通り、外に警察官を立たせておく配慮が必要だったと思いますね」

   今となっては後の祭りだが、筆者が駆け出しの記者時代、ある地検の事務室で事務官と話をしていたときに、後ろで別の事務官が対応していた送致されたばかりの窃盗犯が逃走する事件があった。部屋にはこの4人だけで、いとも簡単に逃げられてしまった。昔の話だが、地検の警備の甘さは今もあまり変わらないのか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中