2019年 4月 24日 (水)

インフルエンザ今年はA香港型!「ホントに効く予防法」「効果なしの俗説」検証

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   今年(2014年)のインフルエンザはA香港型だという。きのう1月7日に発表された最新情報では、昨年12月16日から22日の1週間で罹った人は6824人で、前の週の1・5倍に増えている。罹災地域も九州、中国から東海、首都圏に広がっていて、猛威を振るうのは1月の最後の週から2月上旬という。

   中村慶子アナ「特効薬はありませんから、予防が一番です。さまざまの予防方法でどれが効果があり、どれがあんまり効果がないかを検証していきます」

感染の大半は手から鼻!とにかく頻繁に手を洗え

   風邪やインフルエンザに最も予防効果があるのは「手洗い」だ。手稲渓仁会病院の岸田直樹医師は「風邪は手を介して鼻から感染していくので、手を洗う事が一番大切です。洗い方は爪の中、指の股、手の甲や手首までしっかりと、目安は1分は洗って下さい」と言う。

   ゲストの山口もえ(タレント)「へえ、1分もですか」

   岸田医師「はい。それと頻繁に洗うことも大切です」

   次に有効なのはマスク、うがい、加湿器だ。「マスクは顔にぴったりの物を、うがいは濃い液体でなくても大丈夫。加湿器は風邪のウイルスが乾燥状態だと増殖しますので、ウイルスの活性を下げるには効果的です」(岸田医師)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中