本田圭佑ACミラン入団ビッグマウス「実力を見せ、皆さんを満足させる。それが私だ」

印刷

   イタリア・サッカーの名門、ACミランに移籍した本田圭佑選手(27)がきのう8日(2014年1月)に入団会見を行った。「子どもの頃からの夢が叶って嬉しい」「ピッチで私が何者か(who I am)を示したい」など、受け答えの英語はシンプルだがストレート。イタリア全土と日本へも生中継される異例の扱いだった。

12歳の夢かなった!「セリエAに入団して10番で活躍。給料は40億円は欲しい」

   本田への期待はゼッケン場号10番に現れている。過去数々の名選手がつけたエースナンバーだが、これについて問われて「夢だった。12歳の時に、将来はセリエ・アで10番をつけたいと書いた。だからすごく嬉しい」と語った。これは本当だ。小学校卒業の文集に「世界一のサッカー選手になりたい。というより、なる。セリエAに入団します。レギュラーになって10番で活躍します。一年間の給料は40億円は欲しいです」」と書いていた。ガキのころからビッグマウスだったのだ。

退路断って覚悟

   会見はイタリア語の質問を英語に直して、それに英語で答えた。モスクワでの何年かで身につけたものだろうが、Jリーグに入ったときから英会話教室に通って「今からやらないと間に合わない」と言っていたというから、相当なものだ。表現はぶっきらぼうだが、言いたいことはよく伝わる。新聞と違ってテレビはこれが生で聞ける。

   ACミランとファンの期待には、「実力を見せ、みなさんを満足させないといけない。ゴールも決め、アシストもしないといけない。ベストを尽くし、チームに貢献したい。役割はわかっている。ピッチでいいプレーをすること」「子どもたちに夢を与え、プロの選手らしく振る舞いたい。これが私です」

   ACミランを選んだ理由は、「それは簡単だ。胸の中にいる子どものときの私(little Honda)に聞いたら、ACミランでプレーしたいと答えたんです」。サムライの精神を問われたときは、ちょっと考えた。「サムライに会ったことはないが、日本人の男は決してあきらめない。精神力が強く規律正しい。わたしもそれを持っていると思う」。これは立派な答えだった。

ゼッケン番号10「ボクは喜んで要求しました。重圧は後から来る」

   日本人記者団に囲まれると、「日本語だったらあと3時間しゃべった」。再び10番を問われると、「逆に聞きたい。10番をつけるチャンスが目の前にあって、違う番号を選びますかという話ですよ。ボクは喜んで要求しましたし、プレッシャーなどは考えなかった。それは後から来る重圧で、これからのこと。後悔することはない。時間はかかったが必然なんですよね」ときっぱり言い切った。最後に「ひとつ子どもたちに伝えたいのは、一つひとつ階段を上れば、いずれたどり着けるんだと証明できたんではないか」

   司会の羽鳥慎一「10番は中心選手しかつけられない番号ですよ」

   高木美保(タレント)「ビッグマウスといわれるけど、自分で退路を断つ覚悟がないとできないことですよね。それが伝わってきて感動しますね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「準備に準備を重ねた必然ということですよね」

   松尾貴史(タレント)「プレッシャーは悪いストレスじゃないんだと覚悟をして、ハードルを上げて自分を追い込んでベストに持っていく。集中の度合いが見える」

   ACミランはいま11位と振るわない。それだけに、期待も重圧も並みではなかろう。早ければ13日にデビューとなる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中