2018年 9月 25日 (火)

カーヴィー樫木裕実「テレビ出演で家族が安心。あの地獄の日々からトンネルを抜け出せた気持ちです」

印刷

   カーヴィーダンスの考案者・樫木裕実(50)が1月9日(2014年)の「ノンストップ!」(フジテレビ系)に出演した。樫木は番組を見た家族から「安心した」と連絡があったとブログで明かしている。「私の人生さんざん心配かけてきた」といい、前々から「家族孝行」したいと考えていたが、スタジオ閉鎖騒動などで「また50歳にして心配かけさせちゃって…」と話す。

   騒動で家族が「メディアのトラウマ」になり、樫木自身も「メディアに出ることがもう怖くなって」しまったというが、これまでの行動が「恥」や「間違い」ではないと胸を張り、自身のトラウマよりも「信じて待ってくれてる人達の為に乗り越えよう」と取材に臨んだという。

   8日の取材後に家族へ「明日ノンストップに出ます」と伝えていたため、「安心したよ」と伝えられた時には「あの地獄の日々からトンネルを抜け出せた気持ち」だったという。樫木の母は昨年末発売の新刊を「何十冊も買っていました」と喜び、姉がいるから「思う存分仕事をさせてもらえる」と感謝しながら、新たなスタジオを探すべく「今日も物件見てきます」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中