北朝鮮「張成沢粛清」党と軍の利権争い!金正恩が恐れた権勢と人気

印刷

   北朝鮮のナンバー2だった張成沢国防委員会副委員長の粛清について、金正恩第1書記は2014年の新年の挨拶で、「党内に潜んでいた汚物を除去した。これで団結が100倍強まった」とあらためて正当性を強調した。いったい何があったのか。その内幕がようやく見えてきた。

脱北者「カネを握った者と奪われた者との争いだった」

   張成沢は故金日成主席の娘婿で、金正恩の叔父にあたる。人望もあつかったという。その叔父を切るというのは、どう考えても尋常でない。「利権の争いだった」というのは、ソウルの脱北者キム・スンチョル氏だ。「カネを握った者と奪われた者との争いだった」という。

   北朝鮮は朝鮮労働党が支配しており、外貨獲得のための企業も資源も党のものだった。金正日総書記は1990年代にいわゆる先軍政治を敷いて軍優先に改め、利権も軍が優位に立った。しかし、晩年になって、後継の正恩の経験不足を懸念してか、再び党優先に戻していた。

   正日の死後、張は正恩の後見人となり、党行政部のトップに就いた。党、政府、軍を人事も含めて掌握し、中国とのパイプ役として貿易、外交も主導し、その当然の結果として利権も集中した。金を握る者が権力も握るのは洋の東西を問わない。

   正恩にはこれが脅威だったと見られる。昨年11月下旬、張の側近2人がいきなり公開処刑された。罪状は「政権を奪おうとした罪」だ。目隠しをされ自動小銃で撃たれる様子を300人が見せられた。このとき正恩は地方を視察中だったが、その時の写真では護衛の軍人が抜き身の拳銃を手にしていた。「張の反撃を警戒していた」と北朝鮮ウォッチャーは見る。

   そして12月8日、張はすべての役職を解任され、そのわずか4日後に処刑された。張派の粛清はその後も続いたといわれ、ソウルの別の脱北者は北朝鮮の市民との電話で、「(上から)金正恩氏への忠誠の手紙を送れといわれている。自分を守るために渋々従っている」というナマの声を聞いた。

中国から見捨てられる金正恩…「北朝鮮はあと数年もたない」

   粛清後の北朝鮮はどう変わったのか。その様子を伝える映像があった。張が中国と共同開発した羅先経済特区だ。中国資本による大規模ショッピングセンター、ホテルなどは閑散としており、カジノは閉鎖されていた。中国人貿易業者は「みんな神経質になっている。中国人との接触も禁じられているようだ」と話す。張の貿易会社は工場から鉱山まで持っていたが、解体され取り引きができなくなったという。

   中国の対北朝鮮政策のブレーンである北京大学の朱鋒教授は「中国は怒りと絶望感を抱いた。北朝鮮が孤立し閉鎖的になることを懸念している」という。 中国は北朝鮮の非核化から改革開放へ導く道筋を描いており、北朝鮮側のキーパーソンが張だったからだ。張が2012年8月に訪中した時、国賓待遇で当時の胡錦涛主席が会談したほどだった。

   張は昨年2月の3回目の核実験にも反対した。中国から経済援助を引き出したかったからだ。今回の粛清はこれを反逆とした。北朝鮮の指導部内では、中国に従う必要はないという意見が強まっていたのだ。

   関西学院大の平岩俊司教授は「粛清のイニシアチブをだれがとったのかはよくわからないが、最終的に正恩氏が判断したはずです。今後、権力が党になるのか、再び先軍政治になるのか注目する必要があります」と見る。

   張は日本の拉致問題でもキーパーソンだった。中国ですら金正恩第1書記を読み切れないなかで、ソウルの脱北者が「北はあと数年もつのは難しい」といっていたのが妙に生々しく聞こえた。

ヤンヤン

NHKクローズアップ現代(2014年1月9日放送「北朝鮮はどこへ~見えてきた粛清の真相~」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中