犬の散歩に出たまま小5女児不明!まだ明るく人の目もある畑道だったのに…

印刷

   神奈川県相模原市の小学5年の女児(11)が11日夕(2014年1月)から行方不明になっている。飼い犬の散歩に出たのだが、リードをつけた犬だけが戻ってきて、本人は帰らず。相模原署は事件と事故の両面から捜索をしているが、2日半経ったいまも安否につながる情報はない。

目撃証言「犬がしばらく道端で座ってた。女児を待っていたのでは」

   女児が散歩に出たのは午後4時頃で、それまで遊んでいた友だちが帰宅したあとだった。散歩道は自宅から住宅街を抜け、家の途切れる畑道をたどって、相模川沿いを戻ってくる約1.5キロだ。まだ明るく、畑道のあたりでは犬を散歩させる複数の人とあいさつを交わし、多くは顔見知りで覚えていたが、目撃 が途絶えたのはその後だ。

危ないように見えない

   リポーターの所太郎が実際に歩いてみると、家から最も離れたところで相模川へ向かって下り坂になる。所は「住宅から遠く死角になっている」と伝える。相模川沿いは柵があるが、深く切れ落ちた崖になっている。このあたりでは、不審な車の目撃情報もあるという。

   女児は三姉妹の末っ子で、家出をするような状況はなく、交通事故とか転落も考えられるが、事件の可能性も否定できない。近所の人は「犬がしばらく道端で座っていた。女児を待っていたのではないか」と話す。父親は帰ってこなかった日の午後6時40分に警察に届け出ている。

   相模原署は近隣に目撃情報を呼びかけ、相模川沿いの崖や薮の捜索を続けている。女児は身長155センチ、不明になったときの服装は黒のジャンパーに紺のジーンズ、白いスニーカーだった。

相模原警察署が呼びかけていた「女性・児童をねらったわいせつ事犯に注意」

   司会の羽鳥慎一「まったく人通りがないというところでもないんですよね」

   舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)「こういうのをみると、過保護といわれるかも知れないが、女の子の場合は過剰なくらい見ていてあげないといけないのかなぁと思いますね」

   ジャーナリストの堀潤は「近所の見守りもできているようだし、小さな情報でも提供してもらいたいですね」という。羽鳥も「犬の散歩の人たちは、名前は知らなくても顔は知ってるはずですし…」

   元神奈川県警刑事の小川泰平氏は「すでに2日半人員を動員して捜索して事故の形跡はないとされた。決めつけはできないが、第三者が関わった事件も考えられます。神奈川県警ではこうした場合、神奈川方式といわれるんですが、初動でできるだけの人員を投入して、大きく騒いで小さくまとめる」という。そうかな。防犯カメラの映像の公開なんかは決して早い方じゃなかったはずだが…。

   赤江珠緒キャスター「(散歩道は)警戒しなければならないようには見えないですよね」

   小川「相模原署のホームページでは、女性・児童をねらったわいせつ事犯が多発と出ています。小学生へのわいせつ事案が起っているそうです。小学校でも注意はされているが、自宅の近くだと安心してしまうでしょう」

   見たところ平和な住宅地で、農家も散在していていい感じなのに、何とも嫌な展開だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中