どうなる?DV逮捕のヤクルト・バレンティン!保釈されても出国認められない可能性

印刷

   プロ野球史上最多の本塁打を記録したばかりの選手が「容疑者」に早変わり――。ヤクルトのウラディミール・バレンティン選手がアメリカのマイアミ近郊で、離婚協議中の妻を暴行、監禁した容疑で逮捕されたのだ。「朝ズバッ!」はバレンティンは今後どうなるのか、あと1か月弱ではじまるトレーニングキャンプに間に合うのかといったことを取り上げた。

後半出廷などでキャンプ参加は無理

   気になるバレンティンの保釈について、TBS記者が弁護士から聞いた話では、当地ではDV容疑で長い期間、拘束されることは珍しくなく、保釈が認められるかどうかは目下、予断を許さない状況だそうな。かりに保釈が認められた場合でも、日本含むアメリカ国外への出国が認められるかは別問題。また指定期日に法廷への出廷義務がある。さらにはGPS装着を義務づけられる可能性もある。

   そのほか、「起訴されて公判が続くとなれば、スケジュール的にキャンプに間に合わない」(土井崇弁護士)との見方もあった。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中