2019年 5月 26日 (日)

「愛犬散歩中に不明の小5女児」けさ無事保護!自宅から20キロ離れた駐在所

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   神奈川・相模原市で11日(2914年1月)、愛犬の散歩中に姿が見えなくなった小学校5年生の女の子がきょう15日未明(2014年1月)に無事保護された。発見されたのは自宅から20キロも離れた場所で、この5日間何をしていたのかは伝えられなかった。

5日間なにをしていたのか?どうやって離れた場所に移動?

   女の子は相模原市職員・篠崎康夫さんの三女の篠崎倫さんで、保護された場所は茅ヶ崎警察署の小出駐在所だった。田中良幸リポーターは「この駐在所は彼女の自宅から直線距離で20キロも離れています。ここにけさ4時過ぎ1人で現れ、警官がいなかったので駐在所の電話を使って警察に連絡を入れたそうです」と伝えた。

目撃情報ないのか

   司会の小倉智昭は「20キロという距離は小学校5年生なら歩こうと思えば歩けますが、寒波の中で夜通しで4日間も歩いていたとはとても思えませんよね」と驚いたように話す。田中大貴アナが「彼女は携帯電話も財布も持っていなかったそうです。夜になると最低気温は0.5度前後となってしまいます。そうした中をどうやって2キロも移動したのか疑問です」と説明した。

   小倉「その駐在所はどんな場所にあるの」

   保護された駐在所の前から田中「周辺には病院や学校などがありますが、ほとんどが丘陵地帯で、民家はポツンポツンとしかありません」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中