ヤクルト・バレンティンDV逮捕!妻に暴行・監禁―もう来日は無理?

印刷

   プロ野球ヤクルトのウラディミール・バレンティン選手が米フロリダで13日(2014年1月)、家庭内暴力(DV)容疑で逮捕された。離婚訴訟中のもめごとらしいが、情報が錯綜していて本当のところがわからない。日本の関心はむろん3年連続のホームラン王が来シーズンもプレーできるかどうかだ。

カーラ夫人「暴力的なところのない人だったので驚いた」

   伝えられるところでは、フロリダの妻の自宅で、バレンティンが外から呼びかけても妻が応じないので窓から侵入し妻を部屋に閉じ込めたとか、外で話しているうちに屋内に引きずり込んで監禁したとか、どうもよくわからない。

奥さんにケガはない

   日本時間のけさ15日(現地は14日)に会見したバレンティンの弁護士は、バレンティンは容疑を否認し、「春季キャンプまでに家族と日本に戻りたいといっている」という。これまた、離婚話とは合わない変な話だ。

   テレビ朝日ニューヨーク支局の外山薫記者がフロリダまで飛んで、カーラ夫人を取材した。自宅前に娘を抱いて現れた夫人が語ったところでは、バレンティンが話がしたいとやって来たが夫人は無視した。「これまで暴力的なところのない人だったので驚いた」と話す。

   映像もあって、見たところ普通の様子だ。夫人は涙を浮べて「彼も人だから間違いもある」ともいったという。何らかの暴力行為はあったらしい。弁護士によると、バレンティンは15日に裁判官と面接して、保釈を求める予定だという。

有罪なら最低でも禁固1年以上―来月にはヤクルト春季キャンプいる

   ヤクルトは来月からキャンプインする。バレンティンは月末までに戻る予定だったが、家族を連れて来ようと思ったのかもしれない。アメリカはDVには厳しく、とくにフロリダでは被害者が訴えなくても、近所からの通報だけで逮捕・起訴もあるという。起訴となると、キャンプ参加もシーズンそのものも危なくなりかねない。さっそく、「有罪が確定したら、最低でも禁固1年超」などとコメントする弁護士がいる。

   司会の羽鳥慎一「映像で見るかぎり、奥さんにけがはなさそうだし、訴えるような様子もなかったというんですが…」

   萩谷順(法政大学法学部教授)「刑事事件の文化が日本とは違いますからね。日本だと逮捕されたらお終いみたいなところがあるが、アメリカは逮捕も起訴も多いがが無罪も多い」

   同種のトラブルや裁判をかかえながらプレーしているフットボール、野球選手もたくさんいるアメリカだ。そう大騒ぎをすることもあるまいが、逮捕され たとたんに律儀に「容疑者」とつける日本メディアの悪習はなんとかならんか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中