かわいいシロクマに寄付を!カナダ・トロント動物園の赤ちゃん…施設修繕に一役

印刷

   「客寄せパンダ」と言うとおり、かわいい動物は耳目を引く。動画サイトのYouTube(ユーチューブ)では世界各国の動物園が自慢の飼育動物を競うように公開している。カナダのトロント動物園は先頃、昨年11月(2013年)に誕生したポーラー・ベア(ホッキョクグマ)の赤ちゃんの映像を公開したところ、うなぎ登りに再生数を延ばしている。

去年11月に誕生!よちよち歩きのフワフワぬいぐるみ

   ポーラー・ベアは成長すると体長200センチ、体重400キロという巨大な体格を誇るが、動画のベアは体重はおそらく数キロほど。まるで白無垢の子犬のような愛らしさで、歩くこともままならず、目もしっかり見えているのかあやしいくらい。現在は動物園の飼育センターでスタッフに手厚く見守られつつ、飼育されているという。

   かわいい、キュート。そんなコメントが殺到しているが、動物園としては「かわいい」という感想以上のものを求めているのかもしれない。投稿文によれば、国内の動物園でもよく聞く話だが、トロント動物園は施設の老朽化と更新費用の問題に悩まされているといい、このポーラー・ベアをはじめとする500種以上の生物を助けるためのネット寄付を募っている。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中