海自艦と釣り船衝突!救助された男性「おおすみが進路変更して気づくとすぐ横にいた」

印刷

   「またかという感じがありますね」(司会の加藤浩次)

   広島県大竹市の阿多田島沖で海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船「とびうお」が衝突し、転覆した釣り船から4人が海に投げ出され、船長の高森昶さん(67)と乗客の大竹宏治さん(66)が死亡した。

穏やかな海で何が起こったのか?直前にけたたましい5回の警笛

   天候は晴。風速は0.3メートル。波も穏やかだった中でいったい何があったのか。救助された乗客の寺岡章二さん(67)の証言によると、次のような状況だった。

普通は近づかない

   「最初、『おおすみ』は釣り舟の左側前方を航行していたが、釣り船が追い抜くと進路を変え、釣り船の右側を追い越していったんです。そのあと汽笛が4~5回鳴り、右横を見たら『おおすみ』がいた。船長もびっくりしたような顔をして横を向いていました。船長は後ろから『おおすみ』が来ていることに気がついていなかったようです」

   釣り船が「おおすみ」に衝突した箇所は右船腹の中央より少し後部寄りだった。平行して航行していれば衝突するはずがないのだから、どちらかが相手船に気付かず進路を変えようとしたのだろうか。

   5回鳴ったのは警笛は輸送艦のものだったのか。これについて海事専門の津留崎裕弁護士は、「5回というのが正しければ、疑問信号です。相手船の動きが分からないか、衝突を回避する動作が分からない場合に5回鳴らすのが国際ルールになっています」という。

少なくない自衛艦と漁船・釣り船衝突

   キャスターのテリー伊藤「2人が亡くなっているので、なんとも言えないが、ボクも船が好きでよく乗っています。(大型の)こういう船が来ているときは、まず近づかないんですよ。当然分かっているわけで、船長が(『おおすみ』が来るのが)5メートルまで気付かなかったというのは、普通はないんですけどね」

   これまで海上自衛隊の艦艇と民間の船が衝突した事故は、1988年に横須賀沖で潜水艦「なだしお」と釣り船が衝突し30人が死亡、2008年に千葉・房総半島沖でイージス艦「あたご」と漁船が衝突して2人が死亡している。

   第6管区海上保安本部は、「おおすみ」「とびうお」に搭載されているGPSなどで航跡を調べ原因の解明に当たることにしている。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中