本田圭佑ACミランで初ゴール!役割きっちり果たした赤黒ストライプの背番号10番

印刷

   イタリア・サッカーの名門ACミランに移籍した本田圭佑選手が、日本時間のきょう16日(2014年1月)午前2時から行われたホームの試合に先発、セリエAでの初ゴールを決め、チームも勝った。連敗の責任を負わされて監督交代が発表されたばかり。チーム復活の起点となるか。期待が高まる。

チーム勝利決定づけた3点目

   番組のオープニングで司会の羽鳥慎一と赤江珠緒が「やりましたねぇ」。水曜日のレギュラーコメンテーターの松木安太郎が「ボンジョルノ」と現れて、「さすが本田」と大騒ぎしている。現地の映像に日本人サポーターが続々と現れる。東京のスポーツバーは深夜だというのにお祭り騒ぎだ。

やりましたねえ

   本田は12日のアウエー戦では、途中出場で惜しいシュートをはずしたものの現地メディアの評価は高かった。今回は赤黒のストライプのホームのユニフォームに白く10番が光る。

   本田は前半、フリーキックをサイドに蹴って見事な連携を演出した。これはゴールにならなかったが、直後の28分と32分に味方が得点。そして後半2分、味方の強烈なシュートをキーパーがはじいたのを本田は見逃さなかった。初ゴールは3点目。チームは3-1で久々に勝った。

   対戦相手のスベツィアは格下だが、ACミランは格下にも苦杯の連続だった。本拠地ミラノでのデビュー戦となったこの日、本田は攻撃の起点から詰めまでまんべんなくこなした。初のイエローカードを食らったが、常に動きの中心にいた。

イエローカードも初!

   羽鳥が「あんなに日本人がいて、住んでいる人ですかね」

   松木は「本田が素晴らしいのは、1戦目も2戦目もいつもゴールをねらっていたこと。(こぼれ球でも)そこに顔を出せる嗅覚が大事ですよね。味方のゴールにつながるタメを作れる中盤の1人になっている」という。

   羽鳥「フリーキックも直接蹴らなかった」

   松木「相手の裏をかいて、味方を使った」

   羽鳥「10番はチームをコントロールする。できてましたか?」

   松木「イエローカードはファウルだが、中盤を抑えていることを示していましたよね」

   羽鳥「これというシーンはどこだったでしょう」

   松木「2点目になったロビーニョとのパスですね。新入りだとなかなか使ってくれないことが多いが、中心選手になっていました」

   羽鳥「続きそうですか?」

   松木は「続いてほしい。そうすればボク、木曜日にも呼ばれるから(爆笑)。ボンジョルノ、グラッツェ、チャオ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中