2018年 7月 19日 (木)

海老蔵「利休にたずねよ」で日本アカデミー主演男優賞「暴行事件以来の映画。父・團十郎も成功させたがってた」

印刷

   歌舞伎役者の市川海老蔵(36)が映画「利休にたずねよ」の千利休役で日本アカデミー賞・優秀主演男優賞を受賞したと1月16日(2014年)にブログで報告した。まずは亡き父・團十郎に伝えたいといい、「これを聞いたらどんなに喜んだ事でしょう」と語っている。

   映画で團十郎は利休の師匠・武野紹鴎(たけの・じょうおう)を演じた。團十郎は監督との初めての打ち合わせで「いい映画にしてくださいね」と伝えたというが、その裏には10年11月の暴行事件があったという。「西麻布でのあの事件以来はじめての映画でしたから…親としても成功させてあげたい、なんとか良くなって欲しいと考えていたのだと思います」と振り返る。

   團十郎は「4、5シーンだけ」出演したが、「ある専門家の家から武野紹鴎の本が全てなくなった」という。役作りのために読みふけったらしく、「倅の映画で少しでも力になりたいという気持ちの表れ」だと考え、「それを聞いた時…私の心は激しく動きました…そんな父に伝えたい…今日の受賞でした」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中