「バレンティンは日本に行ってから変わってしまった」妻のおばも驚いたワルぶり

印刷

   妻への監禁・暴行容疑で逮捕され、保釈されたプロ野球・ヤクルトのバレンティン選手がきのう16日(2014年1月)に謝罪会見を開いた。本人は1分半ほどペーパーを読み上げただけで、事件の詳細などについては裁判を見据えてノーコメントに終始した。

起訴されても出廷免除でヤクルト・キャンプ参加可能

   今後は起訴されるかどうかが焦点で、現地ナマ中継リポーターによれば、「弁護士は起訴されなかったらオドロキだと言っていた」。もっともその場合でも、出廷免除や出国許可を求めることはできるそうで、それらが認められれば、来たるトレーニングキャンプにも参加できる可能性はあるという。

   今回の事件では、バレンティンの来日は可能なのかいつなのかばかりが報道されており、異例の展開をたどっているが、けさ17日は普段ならさても気になる容疑者の評判がわずかに伝えられた。

   「(バレンティンは昔は)ナイスガイだった。どうしてああなってしまったのか」と妻のおばは語る。来日して活躍するまでは夫婦仲はよかったらしいという。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中