直木賞「姫野カオルコ」ジャージ姿で受賞会見―ジムで受賞の連絡待ち

印刷

   芥川賞・直木賞の選考会がきのう16日(2014年1月)にあり、3人の受賞者が発表された。3人のなかで、「朝ズバッ!」が目を付けたのは姫野カオルコであった。「みなさん、気になってると思いますけど」と小林悠アナ。さても気になるのは会見に現れた彼女の恰好で、ジャージ姿であった。

受賞で話題になり、格好で話題になり…本が売れる

   なんでも、そのワケはジムにいたからだそうで、「ベストジーニスト賞に憧れていたが有名人でないと無理そうなので、ベストジャージスト賞を自分でもらっておこうと思った」などといったコメントに番組コメンテイターは手を叩いて喜び、賞賛を浴びせた。

初めて聞いた
「すばらしいですよ。こんだけ記者会見で笑ったのもひさしぶりだ」(パトリック・ハーラン)
「ジムで(選考)を待ってたというのははじめて聞いた」(与良正男・毎日新聞論説委員)
「セルフプロデュースとしてはおもしろい。こういう恰好で話題になって、本の売り上げにつながることもある」(八塩圭子・フリーアナウンサー)

   ちなみに「本」の中身はまったく話題にならなかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中