あなたは声掛けする?「夜の街、一人で泣きじゃくってる女の子」ツイッター論争

印刷

   夜、泣きじゃくりながら街を歩いている小学生の女の子を見かけたとき、あなたならどうするか。いまネットのツィッターで見知らぬ子供への声かけを巡る論争が起きている。

   論争のきっかけは1月8日(2014年)に掲載された男性からの投稿だ。田中良幸リポーターがこう説明する。「この男性は街で泣きじゃくっている女の子を見つけ、声を掛けて事情を聞こうとしましたが、変質者と間違われるかもしれないと考えて、110番通報をしたとのことです。男性が心配したのは、今年に入って神奈川県や大阪で女の子が行方不明になる事件が相次ぎ、自分も勘違いされるのではと心配したからのようです」

   たしかに、警察が「声かけ事案」と呼んでいる事件は少なくなく、声をかけるふりをして付きまとったり、身体に触れたりするのだという。

変質者に間違われるのではないか…

   司会の小倉智昭「大人の女性なら、困っているようだったら気軽に声もかけられるけど、相手が小さな女の子だったらちょっと躊躇してしまう場面もあるよね」

難しいところ

   「とくダネ!」が街で100人に聞いたところ、「70人近くの人が声をかけると答えましたが、約3割の人が躊躇するという答えでした」(田中)という。

   声をかけられる子供たちはどう感じているのだろう。小学生の女の子は「きちんとした服装でない人から声をかけられたら、気をつけています」と答える。田中によると、「母親たちは子供に不審者や変質者の見分け方をどう教えているかというと、帽子にマスクにサングラス、清潔感がなくニヤニヤしながら近づいてくる人というのが圧倒的でした」という。

女の子は「服装や態度で判断」

   笠井信輔キャスター「子供への声のかけ方と、子供がどう受け止めるかは別の問題でしょうね。一緒にして議論するのは難しいのでは」

   コメンテーターの夏野剛は(慶応大学大学院特別招聘教授)「親切心から声をかけたのに、服装で判断され変質者と間違えられたら、声をかけた方は傷付きますよね」と苦笑いする。岡田育(編集者)も「今は夜遅くまで塾に通う子供も多いので、少しぐらい帰りが遅くても余り気にしない親の方にも問題があると思いますよ」と話す。

   泣きじゃくる子供がいて、その子に声をかけている大人を見たら、知らん顔しないで自分も声をかけてみるというのはどうだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中