釈由美子のスキップがひどすぎる!「古武道の稽古中に特訓。ようやく克服できました」

印刷

   女優の釈由美子(35)が「私のスキップが酷すぎる」と1月19日(2014年)にブログでぼやいた。ここ最近テレビでスキップを「やらされる機会」が増えたといい、「私のスキップが酷すぎることが世の中に、薄々バレてきてしまいました」と明かす。

   通っている古武道の師範や仲間が「これじゃあ、恥ずかしすぎるだろ」と稽古中にスキップ指導してくれたと、釈がスキップする連続写真を載せている。ポイントは「前かがみで けんけんするイメージだそうです」と試行錯誤を重ね、「古武道の稽古より、真剣です」と語った。

   「リズム感がないので 昔から、どうしてもスキップは苦手意識がある」というが、特訓により「ようやく克服することができました」と喜んでいる。釈は昨年(13年)1月、スキー場での番組収録中に左足首を骨折し、左膝靭帯も損傷していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中